抜け毛予防のための生活習慣〜タバコ編②〜

ph_01

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、前回に続き「抜け毛予防のための生活習慣〜タバコ編②〜」として、タバコの止め方・減らし方についてお伝えしていきます。

 

髪に悪いとわかっていてもなかなか・・・

前回の記事で、タバコが髪に与える影響についてお伝えしました。

わかっていても止められない

という方は多くいらっしゃると思いますので、どうすれば止められるのか、減らせるのかをお伝えします。

とはいえ、今まで習慣化していたものをいきなりゼロにするのは、ストレスが溜まり却って逆効果になるおそれもあります。

ですのでこの記事では、1日の本数を無理なく減らしていく減煙について中心にお話しいたします。

 

吸うタイミングを先延ばしする

まずは

「吸うタイミングを先延ばしする」

ことから始めてみて下さい。

これはどういう事かというと、例えば、今までは仕事中一息ついたタイミングなどで休憩がてら1時間おきに吸っていたものを、休憩2回につき1回・2時間おきに吸うとか、休憩自体を1時間半ごとにするとか、そういった感じです。

慣れてきたら徐々に間隔を延ばしていって、1日の本数を減らしていきましょう。

 

極力吸わないようにして、我慢できない時は心おきなく吸う

この方法はかなりオススメ出来ます。

当サロンのお客様も、この方法で1日1箱だったのが4〜5本にまで減らすことが出来ました。

普段は極力吸わないようにしますが、どうしても我慢できない時には、「禁煙してるのにまた吸っちゃった・・ダメだなぁ」などと罪悪感を感じたり自分を責めたりせずに、心おきなく吸って下さい。

本当に吸いたくなったら吸ってもいい

と自分に許可を出しておく事で、吸いたいのに吸えないといったイライラが軽減され、余裕を持って禁煙・減煙に取り組むことが出来ます。

 

知っていても行動がなければ知らないのと同じ

今回ご紹介した方法は、はっきり言って大した事ではありません。

記事を読んで、「なんだこんな事かよ」と思った方もいると思います。

でも、方法を知っただけでは、現実は何一つ変わりません。

理想とする結果に向かって、実際に行動する事でしか、成果は得られません。

タバコ=薄毛

喫煙=髪の毛をむしって捨てる

と覚えていただき、少しずつでも減らしてみて下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*