薄毛改善・抜け毛予防のためのシャンプー講座

shampoo-baby2

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、発毛育毛および抜け毛予防を目指す上で効果的な「シャンプーの仕方」をお伝えします。

シャンプーにも手順がある

前回の記事で、薄毛改善に有効な「シャンプーの種類」についてお伝えしましたが、今回は、そのシャンプーを正しく使うための手順について説明いたします。

頭を洗う際、手順や洗い方などほとんど気にせずに、何気なく洗っているという方がほとんどだと思いますが、事実は正しい手順が存在するのです。

その「正しい手順」をお伝えする前に、こんな洗い方はダメだ!というものを見ていきましょう。

 

こんな洗い方 していませんか?

短髪の男性に特にありがちなのが、

「ザーっとお湯かぶってシャンプーを手にとってそのままペチャンと頭につけてガリガリっと手早く洗ってジャーっと流しておしまい!」

という感じの洗い方。思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このような洗い方では、汚れをしっかり落とせないばかりか、髪や頭皮にダメージを与えてしまうおそれもあります。正しい手順を身につけ、今日からさっそく実践してみて下さい。

 

正しいシャンプーの手順

ではここから、「正しいシャンプーの手順」についてお伝えいたします。

・シャンプーの前に湯船に浸かる

え?頭洗わないの?

と思われるかもしれませんが、モノには順序があります。

シャンプーをする前に5分〜10分ほどお湯に浸かる事によって、発汗を促し汚れを落としやすくします。体は先に洗っておいて構いません(笑)

・お湯だけで素洗いする

まだシャンプーは使いません。

シャワーを当てながら髪を軽くすすいでいきます。髪の毛の汚れはこれだけでも十分に落ちますが、整髪料などを使用している場合は、時間をかけてしっかりとすすいで下さい。

次に、指の腹を頭皮に軽く押し当て、頭皮を動かしながらマッサージするように優しく洗っていきます。

生え際・こめかみ付近・首筋から頭頂部へ向かって「下から上へ」時間をかけて丁寧に行います。

この時、「決して頭皮をこすらない」よう注意して下さい。頭皮をこするように洗ってしまうと、生え変わりのサイクルで生えてきたばかりの髪の毛(新生毛)が抜けてしまう事があるからです。

新生毛は抜けてしまうと、次の新生毛が出てくるまでに数カ月を要します。抜けたから次の日また出てくるといったものではありません。これから育っていく大事な髪を失わないために、

こすらずに、頭皮を動かす

を意識して優しく洗いましょう。

 

・シャンプーを使って洗う

ここでシャンプーの登場です。

シャンプーを使って、素洗いと同じ要領で洗っていきます。

ここで大事なのが、シャンプーを頭に付ける前にしっかり泡立てるという事です。シャンプーを泡立てずにそのまま付けると、頭皮には刺激が強すぎます。またすすぎの時に残りやすくなるので、炎症などトラブルの元となる場合もあります。

シャンプーはしっかり泡立て、頭皮に優しい状態で使用しましょう。

・しっかりすすぐ

すすぎは超大切です。

先ほどもお伝えしたように、シャンプーが残ったままだと頭皮のトラブルを引き起こすおそれがあります。十分過ぎるほどすすぐくらいで丁度いいと覚えておいてください。

 

以上が「正しいシャンプーの手順」です。

はじめは少し面倒に感じるかもしれませんが、毎日行う大切な頭皮ケアの時間です。愛情をかけてしっかり、優しく、洗ってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*