薄毛改善のための生活習慣~睡眠編➀~

Sleeping baby

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「薄毛改善のための生活習慣~睡眠編➀~」として、

睡眠と薄毛改善がどう関係があるのかについてお伝えしていきます。

 

生活リズムが薄毛を招く!?

「不規則な生活だと薄毛になりやすい」

このような事を聞いたことがある方も多いと思います。

実際のところはどうなのでしょう?

多くのお客様の薄毛改善に携わってきた、私の経験からすると・・・

答えは「YES」です。

過去、相談にこられた方で

「一時期生活のリズムが乱れた時期があって、その時抜け毛がかなり増えた」

というような経験のある方が実際に多くいらっしゃいます。

これを読んでいて、思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

抜け毛が増える原因、そしてその改善に関係しているのが「睡眠」です。

良質な睡眠を得る事が、抜け毛予防・薄毛改善には大変効果的です。

 

良質な睡眠とは?

そもそも「良質な睡眠」とは、どういう状態の事なのでしょうか?

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2つの種類があり、

夢を見たりといった浅い眠りの状態がレム睡眠、

ぐっすりと熟睡している状態がノンレム睡眠です。

入眠後、最初に訪れる深い眠り(ノンレム睡眠状態)の時に、

成長ホルモンが大量に分泌され、体の修復機能や、細胞の成長が活性化されます。

髪の毛も細胞の成長により伸びているので、成長ホルモンによる活性化の影響を強く受けています。

布団に入ったらすぐにぐっすりと眠り、最初のノンレム睡眠時における成長ホルモン分泌の恩恵を

しっかり受ける事が「良質な睡眠」なのです。

 

睡眠のゴールデンタイム

入眠後すぐからの3時間は「睡眠のゴールデンタイム」と言われ、

先ほど述べたように成長ホルモンの恩恵をしっかりと受けて、髪の毛に限らず、

体全体の活性化に大きく影響を与えています。

 

次回の記事では、良質な睡眠をとり、睡眠のゴールデンタイムの恩恵を受ける方法を説明していきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*